楽しく節約 diary

家族4人、お金をなるべくかけず楽しく生活していきます。

いざという時の為

教育資金の為、住宅ローンの為という目的はありますが、目標が見えにくいのも事実。


ですが、先日息子が急に入院することになり、貯金の有り難みを実感しました。


最近人見知りがひどいので大部屋はストレスになりそうだと判断して個室にしました。


一泊で済みそうだったからというのも大きいですが、長期入院でも最初は個室をお願いしたと思います。


差額ベット代を気にせずに頼めたのは貯金のお陰だと思うんです。


個室なら電話もできたので、幼稚園への連絡や親からの問い合わせの際にも息子から離れることなく対応できました。


また病院へ行くのもタクシーという最短の選択肢をとれたお陰で、早く対処できたのも良かったです。(救急車ほどではなかったんです。)


ちょっとした事でしたが、私と息子にとってはプライスレスな事でした。


今年ぽい服欲しいなとかゴージャスな旅行したいなって思う事もありますが、やはりいざという時に余裕があるって大切だと再認識しました。


マンション探しの時に災害時の逃げやすさとかを考えて部屋を選んでる私に営業さんが「折角なので楽しい時間を過ごしている時を思い描いて、どの部屋が良いか選んでください。災害はあるかないか分かりませんから。」と言っていました。


でも、楽しさは気持ちの持ち様で作り出せるけど、いざという時は気持ちだけじゃ済みませんもんね。


あるかないか分からない事を怖れて今を楽しまないのは馬鹿げているかもしれませんが、有事を想定して楽しみ方を変えるのは有りかな。


病気自体は大した事なく済みましたが、色々考えさせられた入院でした。